SHIINBLOG

イズモリウム

中退・再入学・留年というプロ大学生が全力でふざける。きっとあなたのためにはならない。

手巻きタバコのメリット、デメリット、作り方を1から10まで

 

どうも、こんにちは。閲覧ありがとうございます。

 

この記事を見ているということは喫煙者あるいはタバコに興味がある方ですね。

年々高くなるタバコ、喫煙者の迫害、電子タバコの台頭と紙巻タバコを吸っている人間には生きづらい世の中です。節約の世の中。喫煙者ができる節約といえばコレです。

 

 

手巻きタバコですね。

f:id:izumojiro:20171010185650j:plain

 

そんな手巻きタバコのメリット、デメリット、作り方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 手巻きタバコとは

 

手巻きタバコとは  シャグ(葉)、ペーパー、フィルターを使い、自分で作るタバコのことを言います。

器具を使った巻き方や手で巻く(ハンドロール)があり、日本国外では紙巻タバコと言えば手巻きが主流です。あのジョニーデップさんも手巻きタバコをしてますね。

 

 手巻きタバコのメリット

 

 安い

これにつきます。これだけでもやる価値があるぐらい。

500円で40本ちょいは作れます。

市販のタバコのだいたい半値で一本が作れるという大きな強みがあります(シャグやペーパーによって値段は異なる)

これからたばこ更に増税されるでしょう。そうなる前にやっておきたいものですね!

「500円超えたら辞める!」とか言うよりもよっぽど簡単ですよ。つらくないし。

 

美味しい

何百種類のシャグに相性のいいフィルターやペーパーを見つけて作ることができます。その組み合わせは無限大です。

複数のシャグをブレンドしたりシャグの量を調節したりメンソールフィルターを使ったりして味変えができることもあり、食後はコレ、コーヒーブレイクはこれって調合を変えたりするのも楽しいですよ。

あとは可燃剤が入ってないので喉に突き刺さる辛さやタバコ独特の渋みも市販に比べると弱いです。

 

目に入ったときあんまり痛くない

これ喫煙者ならわかると思うんですけどめちゃくちゃ痛くないですか。ながらタバコなんかしてるとどうしようもないぐらい痛い。

手巻きは可燃剤や添加物がないのでそもそも煙が少ないです。アメスピみたいなもんだと思ってくれればいいです。

 

ちょっとかっこいい

クシャクシャになっていたり透明で葉が透けて見えるタバコは市販のタバコよりもジャンキー感や渋さがあってイイ!次元大介みたい!

男たるものアングラな世界に憧れてナンボ。自己満でしかないんですけど悦に浸れるんですよね。

 

メリット編はここまで!次に僕が実際に続けていて感じたデメリットについて書きます。

 

デメリット

手間がかかる

 

これはもう手巻きタバコをする上で絶対に妥協しなければならないことでした。

1本作るのに1分かからないぐらいですが、一箱分作るとなると20分にもなります。

結構な時間ですよね。作りながらテレビやyoutubeなど手放しでできる娯楽を楽しんでいました。

 

あとは手が汚れたりテーブルが汚れます。

新聞紙を引いたりしていい感じに対策すればなんてことないんですがやっぱり面倒です。

 

視線がちょっと気になる

 

これは僕が小心者だからかもしれませんが、ファミレスやチェーンのカフェなどで巻く時や吸うときにチラチラ見られる気がするし見られることもあります。

気にしなければどうってことないですが。

ファミレスで井戸端会議してる主婦に通報されそうになったことがあります。

あと職質されるとヤバイ感じはあります。そのときの俺、めっちゃ必死。

 

荷物が増える

 

これも手巻きタバコをするにあたって避けては通れない障害です。

ポーチ1つで事足りますが、タバコのストックを切らしているときは出先で巻くことになりますので手巻きタバコセットを持ち歩かなくてはならないことになりますね。

いつも手ぶらの方には少し面倒かもしれません。

切れたら切れたで市販のタバコ買っちゃえばいいんですけどね。

 

売ってる店が限られる

これは全ての手巻きタバコ喫煙者に同意をいただけると思います。

基本的にはタバコ専門店やドンキホーテで買うことになります。

家が街からほど近いのであればさほど苦ではないですし新しい店を見つけたときやめったにないシャグを見つけたときの感動は素晴らしいですよ!

 

 

僕が感じたデメリットは以上になります。

手巻きタバコ、市販のタバコの良さを理解した上で同士が増えたら嬉しいです。

それでは実際に作ってみましょう!

 

作り方

材料、道具

シャグ(葉)

f:id:izumojiro:20170101233411j:plain

これがタバコのもとになります。ドミンゴのメンソールです。

ちなみに開けてみると

f:id:izumojiro:20170102002032j:plain

こんな感じになります。タバコっぽい。アングラ感ある。

 

 

フィルター

f:id:izumojiro:20170101233417j:plain

 

いつも使用しているZIGZAGのウルトラスリムフィルターです

 

 

ペーパー

f:id:izumojiro:20170101233348j:plain

ドミンゴ付属のものを使います。ペーパーが付属していないシャグもあるので気をつけてください。

 

 

そしてローラー

f:id:izumojiro:20170101233359j:plain

 

必須ではないですが綺麗に巻けます。最初はこれを使っていきましょう。

 

これらを使って作っていきます!

作る

 

① ローラーにフィルター、シャグを乗せる

f:id:izumojiro:20170101233425j:plain

 

おじさんがこっちを向いている状態にして、ローラーの端にフィルターをセットし、シャグをひとつまみほぐしながら満遍なく乗せていきます。だいたい1本につき1gが適当だと言われます。ここは経験なので慣れてください。

 

次にローラーを閉じます

 

f:id:izumojiro:20170101233433j:plain

 

手前側のローラーを上に持ち上げて、奥に押し込みます。

閉じるとこんな感じ。おじさんがいます。

 

② ペーパーを挟んで巻く

 

f:id:izumojiro:20170101233447j:plain

 

ここが一番難しい。

ローラーの隙間にペーパーを挟んで手前のローラーを自分のほうに転がします。

紙を巻き込んでいくようなります。

 

f:id:izumojiro:20170101233502j:plain

 

少しずつ巻いていき、色が少し濃くなっている部分(ノリ)を軽く舐めます。切手の要領です。

舐めたら完全に巻き込んで2周ぐらいさせます。

紙を全部巻き込んだら奥側のローラーも動かしていいです。

 

 

ローラーを開けたら・・・・

f:id:izumojiro:20170101233516j:plain

完成です!

 

f:id:izumojiro:20170101233528j:plain

f:id:izumojiro:20170101233534j:plain

 

 

両端はこのようになっています。

 

作り方としてはこれがスタンダードです。

とても美味しく綺麗なタバコができました!

 

「あれ?意外と簡単じゃね?」

そう思ったらその足でドンキホーテに向かいましょう!

初期投資は1500円いかないぐらいでした!

 

これから始める方、もうすでにやっている方はオススメのシャグやフィルターの組み合わせを教えていただけたら幸いです!

ちょくちょくタバコのことを記事にしていきます!

 

他にもシャグのレビューなんかもしてるんでよかったら是非。

 

 

www.jirobrog.org