SHIINBLOG

イズモリウム

中退・再入学・留年というプロ大学生が全力でふざける。きっとあなたのためにはならない。

タバコ業界超大手のフィリップモリスが将来的に紙巻きたばこ撤退!喫煙者の運命や如何に


f:id:izumojiro:20170303080413j:image
こんにちはバンジー。「ちくわ 狂おしい」で検索にたどり着いた皆様ありがとう。出雲ジロウです。

先日ネットニュースをブリブリ見てたら喫煙者として大打撃なニュースが。

headlines.yahoo.co.jp

 

マジか。喫煙者なら誰でも知ってる。あるいは吸ったことのある会社であるフィリップモリスが紙巻きたばこから撤退することを表明したとのこと。

どのぐらい大手かというとかんぴょうで言ったら栃木ぐらい。

栃木の特産・かんぴょうは、国内生産シェア約98%。野州かんぴょう発祥の地とされる壬生町をはじめ、下野市小山市宇都宮市鹿沼市、真岡市などで生産されています。 *1

盛りました。マールボロは世界で一番売れてるタバコです。日本国内のシェアは二位。世界でも二位。

鉛筆で言うとトンボぐらいですね。たぶん。感覚的にはそんな感じ。

そんなフィリップモリスが撤退することの影響をザザっと書いていくわよ。

 

銘柄数が大幅に減る

 

第一にこれ。皆さんが聞いたことのあるタバコの銘柄の多くはフィリップモリス社からです。

有名どころでいうと

などです。非喫煙者の方でも聞いたことはあると思います。

この中にも多くの銘柄があってその数は約80種類です。コンビニで売ってるタバコが200種類あるとしてそのうちの1/3はフィリップモリス社の銘柄なのです。

こいつらがいなくなったらそれはもうすごいことになります。今まで上記の銘柄を吸ってた人はどうしよどうしよってなります。辞めるかもね。

 

紙巻きたばこが主流ではなくなる可能性

 

フィリップモリス社が紙巻きたばこを撤退するということは現在大人気のアイコスをメインに売っていく、ないしはアイコスのような新製品をメインにするということだと思う。

そして元フィリップモリスユーザーはそちらに流れ、徐々に市民権を得て従来の紙巻きたばこは淘汰されるかもしれませんね。

JTやウィンストン銘柄の喫煙者も流れに乗って移行する人も多いと思います。

また、JTやウィンストンも紙巻き以外のアイコスのような喫煙グッズを出すかも知れない。あんな大きな会社がやったら真似するよね。多分。

数年後、紙巻きたばこは今で言う葉巻やパイプぐらいレアなものになっているかもしれません。そのぐらい影響を与えると思います。

 

海外に倣って手巻きタバコが主流になる可能性

 

こちらも大いにあると思います。

フィリップモリス社の撤退、たばこ税の増税の影響で紙巻きたばこは大幅に値が上がるかもしれません。

そしたら喫煙者はどうなるだろうか。おとなしくアイコスを吸うのだろうか。はたまた禁煙するのだろうか。または手巻きタバコを始めるだろうか。

海外では紙巻きの値段がぶっ壊れてるので市販で買う人は多くないです。多くの喫煙者は手巻きタバコを吸っています。

ジョニー・デップなんかも手巻きタバコユーザーですね。

手巻きタバコは市販の紙巻きよりも低コストで美味しいのでこちらに乗り換える人も多いかもしれません。

 

 

izumojiro.hatenablog.com

 

どうしてこうなった

 

簡単です。規制に次ぐ規制でタバコが売れないからです。

マナーを守らない人のせいだから。本当にそうだから。嗜好品は人に迷惑をかけちゃいけない。ガムを道に吐いてはいけない。

 

結論

 

世界で売れてるタバコ会社が撤退するとなるとタバコ業界に与える影響は計り知れないです。

私見ではありますが、通常の紙巻きたばこは大幅に減り、多くの喫煙者はアイコス等の喫煙具か手巻きタバコをはじめるのどちらかになると思います。

月並みな予想ではありますが濃厚な線だとも思います。

僕はタバコが大好きなので結構悲しいですが仕方がないですね。そういうものです。

フィリップモリス社自体も「将来的に」と言っているのですぐ先ではないと思います。

どうなるんでしょうか。

 

喫煙者はマナーを守って喫煙しましょう。迷惑をかけないようにね。

気持ちよく嗜好品を楽しみましょう。これ以上規制がかからないように。

 

出雲ジロウでした!アリガトくん!