イズモリウム

アクアリウム、書籍、珈琲、観葉植物のある生活。なんでもない毎日にスパイスを。

【指】ベース初心者から中級者になる方法~ピッキング~【ピック】

f:id:izumojiro:20171103162852j:plain

どうも。出雲です。これを見てるって事はバンドマンですね。初心者ベーシストが「そんなんあるんか!」って飛んできたり自称上級者が暗黒微笑を浮かべるためにこのページに辿り着いたのですね。

僕も僕でベースでお金を貰ってましたから初心者の方にノウハウを教えることはできます。しかし万人に通用するものではなく、あくまで「多くの初心者」に向けて書きますので注意してくださいね。

今回書くことはほとんどの高校生、大学生ベーシストができてるつもりの「超基礎」です。

 ぜひ、ベースを手に持ちながら見ていただきたいです。

ちなみにコレ講師から教わると何千円かとられますよ。僕は講師にいくらかとられました!笑

 

 

 

 

ピッキング

 

 

基礎中の基礎ですね。

でもできてない人が多い。なぜか?簡単だから!

ちがああああああう!!!簡単じゃない!!!一番ムズイわ!!!

僕が今からお伝えすることをしっかり守れば1週間後にはグルーヴィーな指弾きができてることでしょう。

 

①角度

 

 

弦に対して鋭角に入るように

 


f:id:izumojiro:20171011155918j:image

 

上から見た写真

 


f:id:izumojiro:20171011155947j:image

 

写真のように薬指と小指をビィンと曲げる必要は無いです。解りやすいように撮ってるだけなので

 

多くの人はこのように弦に対して鈍角から垂直に近い形で入ってます。


f:id:izumojiro:20171011160055j:image

 

もちろんこれでもいいんですが、弦との接点を減らすことでよりソリッドな音が出ます。

そこにあるベースを持って弾いてみてください。ちょっとかっこいい音出てませんか?

 

②弦に負けない

 

これを守れてる人は全てのベーシストの30%ぐらいだと言っていいでしょう。

うまい人は絶対にやってます。コレ。言葉で言っても解りづらいので写真を見てください。

 


f:id:izumojiro:20171011160202j:image

 


f:id:izumojiro:20171011160251j:image

 

これが弦に負けてる状態です。

ピッキング時、弦に対して指がグニャっと曲がってる。これじゃあノッペリした音になっちゃう。グルーヴもなにもない。

 

正しくは

 

f:id:izumojiro:20171011161121j:image

 

こう!!!

 



f:id:izumojiro:20171011161606j:image

 

振りぬく!!!

 



f:id:izumojiro:20171011161624j:image

 

こうすることで力強く、出音が早くなります。ゆえにモタツキやノリの悪さを改善できます。

ピッキングのときに指の先端まで1本の槍が通ってると思ってください。あなたの指は何をも貫く槍です。弦をぶち抜いてください。

ただし、スラップのように弦を引っ張るのではなく、あくまで弾く(はじく)ことが大切です。振り子のように振りぬくのです。

 

ここまで見てきてどうでしたか?意外とできてなかったりします。

「ヤッベー。直さなきゃ」と思った人は絶対にうまくなります。

本当は読者の皆さん一人ひとりのところへコーチングして受講料をふんだくりたいところなのですが今日はやめておきます。

 

ピック

 

お、待ってました。と言わんばかりのメロコアキッズこそ気をつけてください。早ければ早いほど基礎を抜きがちですから

 

①角度

 

ここは好みですし強制する気もないですが一応書いておきます。

弦に対してピックが垂直から鈍角になるにつれてピッキングノイズは増します

鋭角になればなるほどソリッドに、硬く太い音が出ると思っていいでしょう。もちろんベースの個体差がありますから一概には言えません。

 

 

平行

もっとも標準的で当てるところも難しくない

 


f:id:izumojiro:20171011161120j:image

 

f:id:izumojiro:20171102154713p:plain

 

順アングル(鈍角)

メロコアやハードコアなどの速いジャンルに多い。力を抜いて弾けることが多い。

親指を下に向けて弾く。
f:id:izumojiro:20171011160857j:image

 

f:id:izumojiro:20171102154832p:plain

 

逆アングル(鋭角)

ソリッドな音が出る。僕はこれです。GLAYのJIROさんや故、佐久間さんが使っていることで有名ですね。

親指を上に向けて弾くようにする。

 


f:id:izumojiro:20171011161122j:image

 

 

習得には時間がかかりますがかっこいい力強い音が出ます。もちろん垂直と使い分けはしますがエイトビートなんかを弾くときに疾走感を出しやすくていいです。

 

f:id:izumojiro:20171102154906p:plain

②ピックでも弦に負けがち

 

特に垂直や順アングルだと力が抜けてしまって弦に対してゆるい入り方をすることが多くなります。

先の指と同じ要領で、ピッキング時にピックが弦を舐めるようにして入ってしまうんです。

 

弦が寝てるという感じ

 


f:id:izumojiro:20171011161044j:image

 

これだとモタツキになりますし音が気持ちよくない。

ピック弾きの漢(オトコ)ならもっとゴリっと弦を抉り取るように抜いてください。

ただしここで力を入れてはいけません。あくまで振りぬく、そして戻す。重力に従順に抜いてください。それだけでいいんです。

アタック時はソリッドに、シャープに。

これだけでいい。

f:id:izumojiro:20171102154928p:plain

 

最後に

 

今回はかなり初歩的なことをお話ししました。参考になれば幸いです。もちろん僕よりも上手でしっかりと生計を立てている講師に教わったほうがいいに決まってますが、高校生とか大学生ってお金ない人多いし何より発信したかったのがこの記事を書いた理由です。

僕が高校生のベースなどを見ていてすごく感じたところなので言いたくて仕方がありませんでした。

どうかこれを見て直るといいな。あの高校生たち。

質問等ありましたら遠慮せずにツイッターまでお願いします。

 

ちなみに僕が使ってるピックです。安くて使いやすい。

 

 

 

また、僕は今はもうミュージシャンではないので探しても無駄です。一介のペットショップの店員です。

もう音楽のことは記事にしないと昔は言ってましたが気が変わりました。書きます。1年も経てば気が変わるもんだ。

閲覧ありがとうございました。出雲でした。

 

 

www.jirobrog.org

 

 

www.jirobrog.org

 

 

 

www.jirobrog.org