SHIINBLOG

金の匂いが嫌になったからブログから離れた。帰ってきた。

カネカネカネ!!!アフィアフィアフィ!!!アクセスアクセス!!ブクマ!!ウオオオオオオオオオオオオオオオオオ!

 

そんな怒号が飛び交うブログ界隈。

SNSのみならずリアルでもその風は舞い込んできた。

しかし春の風が僕の背中を押した。気がした。

 

 

 

f:id:izumojiro:20180406192445p:plain

僕は理想を押し付けていた。

 

僕がブログを始めたきっかけであるARuFaさんやヨッピーさんは金勘定を意識せずに面白いことを追及し続けている。

 

そんな姿に僕は憧れたし、そうありたいと思った。

 

だから僕はブログという発信の場を借りることにしたし、僕と同じ志の仲間がいると思っていた。

 

そんなことは絶対になかった。

 

そりゃそうだ。人が集まるところにはカネが集まる。当たり前の話。

SNSなんかにお金のハナシが無いわけじゃない。

 

面白いメディアを作りたかった僕はどんどん消耗していった。

少数派である僕は自分がおかしいと思い始めた。

 

カネを意識しないメディアが異端なんだと思い始めた。

そしてブログを閉じた。

 

二度と触りたくないと思った。

カネとエゴが主導する世界。終わってしまえばいいと思った。

 

そう。僕はブログ界隈の皆さんに僕の理想を押し付けていたのだ。

エゴの塊は僕だったのだ。

 

 

やりたかったことはできなかった。

 

僕にはお金が無い。そして時間もない。

疲れた体にムチ打ってブログを書くなんて正直やりたくなかった。

そんな状況が僕の辞める気持ちを後押しした。

 

やりたいことは山ほどあった。

執筆、ラジオ、動画製作、なんかもやりたかった。

 

それをやらない言い訳を僕はブログに押し付けていた。

 

正直、しんどかった。

SNSを見ることもなくなった。

 

仕事も上手く行ってるし、別に僕の発信の場はここじゃなくてもいいと思った。

ブログを辞める言い訳を作って、納得することにした。

 

 

自分と向き合う時間が出来た

 

ブログから離れ、3ヶ月が経ったころ。

仕事の空き時間や通勤中に読書をすることがなくなった。

 

ソシャゲやまとめを見て満足する自分がいた。

 

そんな折、「俺、何してるんだろう」と思った。

以前は少しでも時間が出来たら読書なり勉強なり人のブログを読んだりしてたのに。

 

自分がなりたくない人間になっていた。

 

そこからどんどん自分が嫌いになった。

何より「俺はこんなもんじゃないだろ」と思っていた。

 

自分と向き合うのは本当に怖い。

やらなきゃいけないことに目を向けるのは嫌だ。

出来れば仕事でバタバタしてた方が楽だ。

 

だけどやらなきゃいけない気がした。

 

面倒くさいが原動力になった。

 

自分の中の自分に責め続けられることが辛かった。

ある種の逃げだ。

 

こんなに面倒くさい気持ちになるならやっちまおう。

これが僕を動かした。

 

この先、何ヶ月、何年も僕の中が蝕まれていくならぶっ倒してやるよ。

そう思った。

 

今、やりたいことは特にないんだ。

 

本当に無いんだ。

仕事で夢が叶いかけている。

 

周りには大切な人たちがいるし、ペットもいる。

生活だって苦しくないし、楽しいこともたくさんある。

 

だからこそ壁にぶつかりたいと思った。

くだらない毎日をぶっ壊してほしいと思った。

 

カネとかエゴとかそんなもんじゃない。

もっと難しいものを手に入れたいんだと思う。

 

頑張らないけど、それなりに頑張る。

ばいばーい。