イズモリウム

アクアリウム、書籍、珈琲、観葉植物のある生活。なんでもない毎日にスパイスを。

どこまでが「芸術」だろうか?

今週のお題「芸術の秋」

f:id:izumojiro:20171110232836p:plain

【芸術】

文芸・絵画・彫刻・音楽・演劇など、独得の表現様式によって美を創作・表現する活動。また、その作品。

googleより引用

なるほど。「独特の表現様式によって美を創作・表現する活動」ねぇ。

ザックリしてんな。抽象的すぎ。これが芸術なんじゃないの。

もう少し調べてみよう。

特定の材料・様式などによって美を追求・表現しようとする人間の活動。および、その所産。絵画彫刻建築などの空間芸術音楽文学などの時間芸術演劇映画舞踊オペラなどの総合芸術など。

 goo国語辞典より引用

「美を追求・表現しようとする人間の活動」

おい!ザックリやめろ!サバサバしてる女子か!ガァーッと説明するバイトリーダーか!

というわけで。

芸術について考えてみよう。

 

美を追求・表現

このザックリした表現。こいつが鍵なんだ。

そもそも美的感覚というものは人それぞれだし、求めるものも違う。

そいつを追及するなんて茨の道。

ということは「作者の主観」でしかない。わけだ!

共感や感動などのリアクションは作者は目指してない訳ですよね?

自分で美しいと思えるものを作るということが前提になる。

演劇・音楽・舞踊・文学そしてカメラ

この4つが芸術だと言われるならば、これらを合わせたものも芸術と呼んで差し支えないはず。

よって映画・アニメ・ドラマは芸術と言っていい。

そしてカメラによる映像や画像も一瞬を切り取る一枚絵なのだから

カメラも芸術

f:id:izumojiro:20171110222904j:plain

アニメは絵の連続だし実写動画は写真の連続。

カメラは芸術の一環ですね。

建築?理学的要素

僕が疑問視しているのはここから。

理学的な要素が介入してきても芸術だと呼んでよいのか。というところ。

建築はデザインだけでなく、実用性やコストの面も重要視される。

しかしスペインのサグラダ・ファミリア

f:id:izumojiro:20171110222627j:plain

ガラパイアより

 

インドのタージ・マハル

f:id:izumojiro:20171110222718j:plain

ガラパイアより

 

などは建造物として非常に美しい。1つの作品と呼んでも差し支えない。

 

そして同じく理学的な要素が介入しているアクアリウム

こいつはどうだろう。

f:id:izumojiro:20171110223449j:plain

こんな水槽や

f:id:izumojiro:20171110223511j:plain

こんな美しい水槽が作れたら1つの作品だといえる。

水槽の中で世界を表現するという素敵なアートの1つだ。

僕もアクアリウムが趣味ですがこのあとに見せられるほど綺麗じゃないので割愛!笑

 

理学と理数ープログラミングー

理学は自然科学や物理学をあらわす言葉であり、理数は理科と数学といった言葉。

しかし理科も数学も相互的な関係にあるので切っても切れない縁がある。

そこで僕の最大の疑問。

プログラミングは芸術か。

今やインターネット及びデバイスは生活に無くてはならない存在。

テレビに準ずるツールだ。

そのデバイスを構成しているのはプログラムである。

そして製作者サイドが「美しい」と思ったら芸術なのではないか。

 

美しいプログラムによって表示される美しい絵。このロジックにおかしなところは無い。

更に、ゲームやアプリを表示させるのもこのシステムだ。

初めてPS3のFF13をやったときは心の底から「美しい」と思った。

 

www.youtube.com

f:id:izumojiro:20171110225917j:plain

 

かつて最新のキングダムハーツを見たときも涙が出るほど感動した。

f:id:izumojiro:20171110230155j:plain

f:id:izumojiro:20171110230210j:plain

よって、人の心を動かすことの出来るプログラムは芸術だと思う。

 

web上の芸術

我々が毎日お世話になっているweb。ここにも芸術と呼ぶべきか否か問われるものがある。困った時代だ。

かっこいいHPやブログのトップを見たときは心が揺れる。

あきた舞妓のHPは感動モノだ。

akitamaiko.com

これだけ美しいHPを作ることが出来る技術者がいることが素晴らしい。

 

そして今や「webデザイン」という言葉がある。様々な

web上で表示されるページをデザインするブロガー御用達のアレだ。

モニターというキャンバスに描かれる数式を使った絵である。

HTML及びCSSなどwebデザインをした場合、それを美しいと思ったらその時点で

「芸術」なのではないか。

作者の心、鑑賞者の心が動いたら芸術

以上のことを踏まえて、僕は「人の心が介入するもの」は芸術だと考える。

料理で感動させても、超美しいファッションでも

作者や鑑賞者の心が動いたら芸術だと思う。

人の心を動かすというのは本当に素晴らしいこと。

そんな素晴らしいことを出来るモノが素晴らしい。

「美しい」「かっこいい」「悲しい」「興味深い」

そんな感情を芽生えさせるだけで素敵。僕もそういった表現者でありたいしそうなることを望んでいる。

「どこまでが芸術」という答えは出なかったけど、改めて人が作り出すものの素晴らしさに触れたからオッケー。ハナマルオッケー。

 

みなさんはどこまでが芸術だと思いますか?

 

こちらもどうぞ

 

www.jirobrog.org

www.jirobrog.org

www.jirobrog.org

 フォローしてね!