SHIINBLOG

イズモリウム

中退・再入学・留年というプロ大学生が全力でふざける。きっとあなたのためにはならない。

【アクアリスト必見!】ADAのネイチャーアクアリウム展に行ってきた!

美しい水景。広がる緑。溢れる生命。全てが凝縮されたアクアリウム。ネイチャーアクアリウム。

そんな素敵な作品たちを見るために東京ドームシティへ向かいました!

目的はそう。

ADAの天野尚によるネイチャーアクアリウム展。

素晴らしい作品ばかりでした!写真と文章でしか伝えられないのがもどかしいですが、ぜひ見ていって下さい。

アクアリウムに興味の無い人でも絶対に楽しめます!

 

東京ドームシティ Aamo

場所は水道橋駅から歩いて5分弱。東京ドームシティ内のAamoにあります。

大きな看板があるので分かりやすい!

f:id:izumojiro:20171119135147j:plain

入り口に傘ホルダーがあって親切でした。

 

入場料は大人1300円

大学生・高校生1100円

中学生以下800円

と良心的。

前売り券だともう少し安くなるようです。

www.tokyo-dome.co.jp

 

入り口で綺麗なお姉さんたちが気持ちのいい接客をしてくれたので出雲はもう大満足。

説明中もニヤニヤしてしまいましたわ。

中でのフラッシュ撮影は禁止とのこと。

入り口には天野氏、愛用のカメラ

いざ展示場へ。黒いカーテンを開けるとそこには天野氏が水景や自然を撮るためのカメラが。

f:id:izumojiro:20171119140813j:plain

 

大きくて立派。おいくら万円するんでしょうかね。僕のようなカメラ小僧には手が届かないシロモノです。

こういったところから天野氏の「一瞬を切り取る」ことへの情熱が伝わります。

自然を相手にしていたらなおさらですね。

 

そして写真の解像度も驚くべきすごさ。

f:id:izumojiro:20171119141301j:plain

ルーペ越しの写真ですが、水草の1本1本が立つように見られます。ここまでの解像度を僕のカメラでは再現できないのが惜しいところ。ぜひ肉眼で見ていただきたいです。

 

天野氏の写真たちが並ぶ

展示場を進んでいくと、天野氏が撮ってきた素晴らしい写真が並びます。

f:id:izumojiro:20171119141508j:plain

天野氏が愛した自然を美しいままに撮影しています。

天野氏の生まれ故郷である新潟や、自然溢れるネグロ川の写真が多くありました。

 

f:id:izumojiro:20171119141638j:plain

 

f:id:izumojiro:20171119141652j:plain

f:id:izumojiro:20171119141853j:plain

 

美しい紅葉や川を自然のまま映しています。写真が反射してしまっていますが素晴らしさは伝わるでしょう。圧倒的な絵です。

 

f:id:izumojiro:20171119142011j:plain

 

1つの写真は人と比べてもこのサイズ。屋久島の写真ですね。

荘厳な迫力ある映像が切り取られています。

 

f:id:izumojiro:20171119142110j:plain

 

僕もいつかこんな写真を撮れるようになりたいものですね。

 

水景写真

そして更に進むと天野氏の水景の写真が展示されています。

1つ1つの生命が動き出すかのような躍動感がありました。

f:id:izumojiro:20171119142401j:plain

 

左側のディスカスの表情まで見て取れるようです。右に集まるラミーノーズテトラとの色合いが綺麗です。

 

f:id:izumojiro:20171119142455j:plain

 

大自然の迫力を再現した水景。ネオンテトラとコンゴテトラの群泳が命の大きさを感じさせます。

様々な色合いの魚たちが泳いでいる一瞬を写すのは難しいです。天野氏の撮影技術の高さが見られる一枚ですね。

 

f:id:izumojiro:20171119142712j:plain

 

そして更に進むとまたまた大きな水景写真が。

人間と比べてもこのサイズ。大迫力。限界まで下がっても全体が撮れなかったぐらいです。

なのでパノラマで撮りました。

f:id:izumojiro:20171119142816j:plain

 

岩肌の表情が素晴らしい。後景の水草も力強さが漲ります。

まるで自分が水景に飲み込まれるような一枚でした。

メインの水槽ブース

先ほどの大きな写真のすぐ後に超カッコイイ水槽がありました。こりゃ並ぶわって感じ。

f:id:izumojiro:20171119143322j:plain

 

ゴツゴツした岩にパールグラスを合わせただけのシンプルな水槽。しかしこの自然感を表現するのは非常に難しい。

素材が少ないにも関わらずこんなに奥行きと立体感を出すのは本当にすごい。

 

f:id:izumojiro:20171119143500j:plain

ヌマエビくんたちも嬉しそうにツマツマしてました。

 

f:id:izumojiro:20171119143533j:plain

上から見てもこの立体感。奥行きはないはずなのに岩の表情による表現力ですね。

 

続いてコチラの水槽。

 

f:id:izumojiro:20171119143910j:plain

素晴らしいコケ感。広がる草原のようです。

前後で高低差をあまり作らず、岩と流木で高さを出してますね。

f:id:izumojiro:20171119143936j:plain

寄ってみるとよくわかります。

表情に乏しい岩を重ねて組んでいます。勉強になりますねえ。

 

続いてコチラ

f:id:izumojiro:20171119144051j:plain

先ほどとは打って変わってスッキリした印象。

レイアウトのお手本のようですね。バックからライトを付けているので広がりが見えます。

 

f:id:izumojiro:20171119144213j:plain

 

上から見てみると水がパリっと澄んでいることがわかります。水質維持もアクアリウムの課題ですからね。

 

ブースの目玉 巨大テラリウム

そして大目玉。3つの水槽からなるテラリウム。

まるでジャングルにいるようでした。

f:id:izumojiro:20171119214610j:plain

 

豪華なセット。人が前に立っても見えるほどの高さです。

大迫力です。ここに来てよかったと本当に思いました。幸せな瞬間でした。

f:id:izumojiro:20171119214756j:plain

 

一つひとつの水槽は独立して成立しているものの、3つで全体の世界観は統一されていました。

大河の一部を切り取ったかのような水槽が3つ。こんなに贅沢なことはないですね。

 

f:id:izumojiro:20171119214954j:plain

 

スチームが出ていて湿度も完璧。苔も伸びすぎず、青々としていました。

 

f:id:izumojiro:20171119214925j:plain

 

やっぱりテトラ系は可愛いですね。僕も群泳させたいです。

 

f:id:izumojiro:20171119215647j:plain

 

躍動感溢れる緑や赤系の魚たちが綺麗ですね。バルブかな?

 

f:id:izumojiro:20171119215154j:plain

 

ここはあまり自然感はなかったですが、アートとして見るならばカッコイイですね。

何を言っても「アートアクアリウム」ですから。

苔が好きなので苔の写真ばっかり撮ってしまいました。あんまりブログのこと考える余裕がないぐらい夢中になってしまいました。笑

 

映像で見るアクアリウム

大水槽を抜けたらアクアリウムの映像が流れています。

ポルトガルはリスボンからの映像。とのこと。

天野氏が手がけたリスボン水族館の様子のようです。

 

f:id:izumojiro:20171119220331j:plain

 

高解像度で3つに分けた映像が繰り返し流れています。

ここではイスがあるので歩きつかれたら座って見ましょう。そんなに混んでないです。

 

f:id:izumojiro:20171119215850j:plain

 

物販

最後は物販コーナーです。

天野氏の写真集やADAの作品が売ってます。

エアープランツなども売っていました。

 

人がたくさんいたのであまり写真が撮れなかったのですが、見てるだけでも楽しかったですよ!

 

f:id:izumojiro:20171119220235j:plain

 

f:id:izumojiro:20171119220358j:plain

 

エアープランツが欲しくなりますねぇ。1つも持ってないから買ってっちゃおうかななんて思いました。

 

f:id:izumojiro:20171119220445j:plain

 

こんなにアーティスティックなモノも。

 

アクアリウムの世界は無限!

僕は大型魚や古代魚を飼育しているのであまりこういった水槽を見慣れていないので素直に感動しました。

いつもネットでしか見ることの無い素晴らしい水景。

肉眼で見ると本当に自然が凝縮されたようでした。

アクアリストとして、クリエイターとして本当にいい刺激を受けました。

 

最近、心に迷いが生まれてしまって「うつ病なのかな?」なんて思ったりしてましたが、魚たちや緑を見ていたら少しだけ前向きになれました。

こんな些細なことが大切なんじゃないかなぁと思います。

 

疲れている心に是非、水を与えてあげてください。

都会にもオアシスはありますよ!

 

かなり勉強になった一日でした。休みを使って来れてよかった!

今日も見てくださりありがとうございました!

 

コチラもどうぞ!

 

www.jirobrog.org

 

 

www.jirobrog.org

 

フォローしてね!